自筆の遺言書が見つかったら、検認をしましょう。

自筆遺言は費用もかからず書くことができますが、法律的に有効な遺言を書くことは結構難しいものです。せっかくの遺言が無駄にならないためにも、公正証書遺言の作成をおすすめします。

検認とは、相続人全員に遺言の存在、
内容を知らせる手続です。
“自筆の遺言書が見つかったら、検認をしましょう。”の詳細は »

被相続人が所有していた不動産を正確に知るためには

被相続人の所有している財産の種類や価値を正確に知ることから相続手続きは始まります。

相続が発生すると被相続人の財産について正確に把握しなければ
相続手続きを円滑に進めることがが難しいです。

“被相続人が所有していた不動産を正確に知るためには”の詳細は »

外国人の配偶者と相続について

外国人を配偶者に持つ結婚も相続手続きは同じように発生します。

外国人の配偶者の相続というと、日本に居住している外国籍の方と、
外国に居住している日本籍の方、など様々なケースがあります。
“外国人の配偶者と相続について”の詳細は »

遺産分割には期限があるのでしょうか

相続開始後、遺産分割に期限はありませんが時の経過ともに複雑になってゆきます。

被相続人の死亡時から相続が開始されますが、遺産分割の時期につは
いつまでにしなければならないというような期限がありません。
だからといって何十年も放置しておいて問題ないのでしょうか。
“遺産分割には期限があるのでしょうか”の詳細は »

特別受益制度とはどういったことなのでしょうか

生前にいろいろともらっていた相続人がいた場合、公平な相続のために特別受益制度があります。

相続人の中に、被相続人の生前にマイホーム購入の頭金として資金を出してもらったり、
結婚式の費用を出してもらった人がいた場合、遺産分割の際に法定相続通りの相続では
不公平となる場合があります。
“特別受益制度とはどういったことなのでしょうか”の詳細は »

法定相続人がいない時の相続財産は

法定相続人がいない時やその存否が不明のときは相続財産は法人となります。

亡くなった人に法定相続人が誰もいない場合、その相続財産は一旦
相続財産法人に帰属し、親族など利害関係人の申立てによって家庭
裁判所から選任された相続財産管理人が、相続財産について整理
精算をし、残った相続財産を最終的に国庫に帰属させることになります。

“法定相続人がいない時の相続財産は”の詳細は »

遺言書は「正しく」書くことが大切です

大切な家族に想いを残すために、大切な家族が相続で困らないように、そんな想いを実現するのは、「正しく書かれた」遺言なのです。

昨今、『遺言ブーム』とも言われるほど、
遺言書が注目されています。

『遺言書コーナー』が設けられている書店も少なくなく、
コーナーには、遺言に関する書籍が所狭しと並んでいます。
“遺言書は「正しく」書くことが大切です”の詳細は »

相続手続きと、後見監督人、保佐人とはどう関係する

相続において、保佐の事務を行う者として選任された者を保佐人と呼ばます。

家庭裁判所は必要があると認めるときは、成年被後見人、その親族もしくは成年後見人の請求または職権により後見監督人を選任することができる(849条の2)と定めています。

また家庭裁判所によって、保佐の事務を行う者として選任された者を保佐人とよびます(12条)。
これは精神上の障害により判断能力が著しく不十分な者を対象とする(11条本文)条例です。保佐開始の審判の請求権者については本人、配偶者、四親等内の親族、後見人、後見監督人、補助人、補助監督人または検察官とされています。精神上の障害により判断能力を欠く常況にある者については7条により後見開始の審判を請求することに値しますので、保佐開始の審判を請求することはできません。

保佐人が保佐の事務を行うにあたって・・・被保佐人の意思を尊重し、
かつ、その心身状態及び生活状況に配慮しなければならない義務を負うと定められています。また市町村長も老人福祉法32条、
知的障害者福祉法28条、精神保健及び精神障害者福祉法51条の11の2により65歳以上の者、知的障害者、精神障害者につきその福祉を図るため特に必要があると認めるときは保佐開始の審判を請求することができます。

 

相続と、成年後見制度とはこうなっています

被相続人が認知症や寝たきりなどで意思確認が出来ないとしたら、どうしたらいいでしょう

もめない相続のために、自分がいつまでも健康でいられるかどうかという考えたくないような「もしも」のときの安全圏も確保しておかなくてはいけません。保険的にといえば正しいのかもしれませんが、もしも被相続人が認知症や寝たきりなどで意思確認が出来ないとしたら、どうしたらいいでしょうか。
“相続と、成年後見制度とはこうなっています”の詳細は »

相続争いを避けるためにどうするか

相続争いを避けるには生前に被相続人が遺言を残しておく、という策もあります。

残された親族が争いごとを起こすことは被相続人にとっても好ましいことではないはずです。そもそも相続については残された人々が少しでも被相続人の意志を継ぎ、前向きに人生を生きていくためのひとつの財産に過ぎません。
“相続争いを避けるためにどうするか”の詳細は »