相続争いを避けるためにどうするか

残された親族が争いごとを起こすことは被相続人にとっても好ましいことではないはずです。そもそも相続については残された人々が少しでも被相続人の意志を継ぎ、前向きに人生を生きていくためのひとつの財産に過ぎません。相続争いを避けるには生前に被相続人が遺言を残しておく、という策が浮かびます。

ただし、遺言が逆に争いの種になることもあります。

それは例えば公平に財産をわけらられない(財産が、現金や現金以外で混在する場合などに起こりやすいのです。)一人には土地、もう一人には現預金というようなパターンであれば、もめる可能性を秘めていることになります。土地は価値がいつの時代でも同じではないため、株などと同様浮き沈みがありますからそれ以外の現物支給より現金が欲しいと思うことが多いようです。そのほかにも相続争いに発展するきっかけとしてあげられるのは●相続財産が相続人の予想を超えて増減している。(多い、または少ない)それが現実となってしまうとき。

●被相続人が特定人に多額の贈与をしていたりしたことが発覚した場合。
●相続人に、非嫡出子などがいる場合。●後妻、養子、など相続人の中に予期せぬ親族が居た場合。●財産目録が無い場合などで相続財産全体がつかめないこと、不正確な場合にはもめます。●相続人以外の人が遺産分割協議に参加したり、口出しや入れ知恵をする場合。
●相続税が思った以上に発生してしまう場合。●負債が思った以上に多かったなどの場合、手持ちのお金が不足している場合。
●被相続人が認知症や寝たきりで意志確認が出来ない場合。いずれの場合についても、生前に正しく遺言を作成しておくことで最悪のケースを防げるとされています。被相続人はいざというときに困らないようにしておく準備が必要です。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む