外国人の配偶者と相続について

外国人の配偶者の相続というと、日本に居住している外国籍の方と、
外国に居住している日本籍の方、など様々なケースがあります。

被相続人が日本人の場合は、相続は日本の民法によって規定される
ことになっています。したがって配偶者は常に相続人でありますから、
外国人であっても相続を受ける権利があるということになります。
通常は協議により遺産分割をしますが、もめてしまい協議が成立し
ない時には日本の家庭裁判所に調整の申立を行ないます。

では、相続登記を行なう際にはどのような書類が必要なのでしょうか。
こちらも日本人だけの相続と同様です。
被相続人については出生~死亡までの戸籍が必要です。

相続人については、相続する権利を証明する書類としてその関係が
記載されている被相続人の戸籍、または除籍が必要です。
住所を証明する書類は住民票の写しをつけます。

外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。
渉外相続については各国ごとで考え方が異なりますので、被相続人や
相続人の国籍に基づき、きちんとした対策と手続きが必要です。

«
»
 

トラックバックURL