被相続人が所有していた不動産を正確に知るためには

相続が発生すると被相続人の財産について正確に把握しなければ
相続手続きを円滑に進めることがが難しいです。

被相続人が不動産を所有していた場合には土地や建物の権利証や
登記識別情報通知、また固定資産税の納付書などを探してみるのが
良いでしょう。それらを元に不動産の所在している役所へ名寄帳
を請求します。
名寄帳とは所有している物件の明細が記載してあり、所有してい
る不動産を一覧できるものです。

名寄帳を取り寄せて確認をしてみると相続人が知らなかった不動産
が出てくることがあります。例えば、家の前の道路が私道であり、
その私道を複数の人で共有してる場合などです。
この私道の部分の名義変更の手続きをしなければ、後々売却を
しようとするにも大変ですし、放置したために相続人が増えてし
しまい大きな負担になることがあります。

小さな土地を1つ見落としてしまったためにまた相続の手続きを
やり直すのは時間も労力も大変なものです。
もれなくスムーズに手続きを進めるためには専門家に依頼をしたり、
法務局や役所に確認をしながら進めてください。

«
»
 

トラックバックURL