自筆の遺言書が見つかったら、検認をしましょう。

検認とは、相続人全員に遺言の存在、
内容を知らせる手続です。

わたくしども相続手続支援センターに
ご相談にお見えになるかたで、
自筆の遺言があったんですけど、
どうしたらいいのでしょうか
という方がいらっしゃいます。

中には、これって使えないと思うのですがと、
ご相談にお見えになる方もいらっしゃいます。
自筆の遺言ですと、封をしているもの、
していないもの、ワープロでかかれたもの、
署名がないものなど、色々なものがあります。

どんな遺言であっても、
自筆の遺言書がみつかったら、
まずしなければならないのが、
検認という手続です。

検認は、その遺言の有効無効を判断する
手続ではありません。

検認は、家庭裁判所に対して行います。

亡くなられた方のお生まれから亡くなるまでの
連続した戸籍、相続人さま全員の戸籍謄本と
住民票を揃えて、申立をします。

申立をしたら、裁判所から相続人全員に対し、
検認日を指定した呼び出し状が送られることになります。

申立人は検認日に遺言書の原本を持参します。

他の相続人については、必ず検認に立ち会わないと
いけないということはありません。

«
 

トラックバックURL