特別受益制度とはどういったことなのでしょうか

相続人の中に、被相続人の生前にマイホーム購入の頭金として資金を出してもらったり、
結婚式の費用を出してもらった人がいた場合、遺産分割の際に法定相続通りの相続では
不公平となる場合があります。

相続人が1人であったり、相続人全てが同じように生前に財産の一部を分けてもらって
いれば問題は生じません。
しかし、このように生前に相続人が特別の利益を受けて既にもらっている分を特別受益
といいます。特別な利益を受けた者を特別受益者と呼びます。
その特別受益分は相続財産の一部を前渡したとして取り扱うことになります。これが
「特別受益の持ち出し」というものです。

生前にもらった全ての財産が特別受益となるわけではありません。該当するのは次の2
点です。
1.婚姻や養子縁組のために受けた財産
 持参金、支度金などです。しかし、挙式の費用や結納金は通常は遺産の前渡とはなりま
 せんので該当しません。
2.生計の資本として受けた財産
 事業を行なうための開業資金、住居の購入資金、また大学の学費などもこれに当たります。

«
 

トラックバックURL